IT外資系企業はムリだと皆に言われたが転職できた私の英文履歴書

IT外資系企業はムリだと皆に言われたが転職できた私の英文履歴書

英文履歴書で書かない事項

  • 英文履歴書ではパーソナルなこと、趣味や特技、家族構成、性別や年齢、は書かない
  • 英文履歴書に主語は書かない
  • 英文履歴書だけどObjectiveは書かなくてもいい

英文履歴書ではパーソナルなこと、趣味や特技、家族構成、性別や年齢、は書かない

外資系企業の英文履歴書では個人のパーソナル情報を好まれません。趣味や特技、家族構成、性別年齢と言った日本の履歴書で書くべき事項でも書かないでおきましょう。

理由として、英文履歴書では仕事に関係のないことは書かないことが暗黙の了解となっています。日本の文化では個人の人間性にもフォーカスする部分はありますが、外資系企業ではその情報は邪魔でしかありません。逆にオフェンシブ(不快な)情報として嫌がられます。

英文履歴書に主語は書かない

JDのキーワード部分でも気がつかれたかもしれませんが、「I」などの主語は書きません。
なぜなら、この英文履歴書はあなたのものです。あなた以外が主語になることはありません。

英文履歴書だけどObjectiveは書かなくてもいい

Objectiveとは志望動機や、どれだけ自分がそのポジションに相応しいか書く部分です。
一昔前はこのObjectiveも書くべきとされていました。しかし、最近の傾向として書いても書かなくても良い、と言う結論です。

理由として、該当ポジションに応募しているのは英文履歴書を送っている時点で明確だからです。Objectiveでは自分がどれだけそのポジションに合っているかを書きますが、どれだけそのポジションに合うかどうかはスキルセットや経歴を見て人事が判断することです。

その後に書くスキルや経歴から判ることをわざわざ書く必要は無いのです。

英文履歴書で書く事項

  • Personal information
  • Summary
  • Skills
  • Qualifications
  • Work Experience
  • Education

Personal information

わざわざPersonal informationと書く必要は無いです。下記の「Personal informationで書く事項」を英文履歴書の上部に書きましょう。特に、名前は大きめに書きます。周りの文字が大きさ10くらいなら18くらいに大きくして良いでしょう。

English levelは英語に自信がありビジネス英語が可能な人はEnglish level: Business と書きましょう。書いていいレベルはビジネス英語レベル以上でしょう。(English level: Business/ Fluent/ Native)

英語に自信のない人は書かなくてもいいです。わざわざ自分が不利になるような情報はできるだけ書かないでおきましょう。また、TOEICのスコアは資格の情報になるのでここでは書きません。

  • Personal informationで書く事項
    • Name (名前)
    • Address (住所)
    • Phone number (電話番号)
    • Email address (Emailアドレス)
    • English level (英語レベル)

Summary

自身の経歴で押したい部分、応募職種に関係ある部分をまとめます。例えば、上記のJDのキーワードなどが書けます。

X years of experience in troubleshooting and fixing complex problems

Skills

自分の実際に使えるスキルを書きます。関係あるスキルだけ書きましょう。
この事項で書くべきなのは、使用可能なプログラミング言語・OS・Word, Excel, Outlook, PowerPointなどのMicrosoft365 (Office365)製品の使用についてや、そのポジションに関係するさまざまなスキルです。

Qualifications

自分の持っている資格を書きます。TOEICなどの英語関係や、IT関係の資格だけ書きましょう。
資格を持っているからと言って無暗に書くと、「この人は何がしたいんだ?」と言う印象の英文履歴書になってしまいますので、注意が必要です。

例えば、Webエンジニアの募集なのにサーバやセキュリティの資格を持っているからと言って書くと「この応募者、本当はサーバやセキュリティがやりたいんじゃないか?」と思われ避けられる傾向があります。

Work Experience

入退職年月とともに、社名および所在地、役職(Job Title)、仕事内容を逆編年体式(新しい方が上)に書きます。

ここでは特にビジネス英語を意識して書くと良いでしょう。
例えば、購買に関わったと言う時に

Buying something

よりも、下記の方がスマートなビジネスパーソンのイメージを持たれます。

Purchasing something

言い換えの例として下記などが例として挙げられます。

send        → dispatch
make       → produce
help         → assist
use           → utilize
carry out → conduct
show       → demonstrate
work together → collaborate
communicate with → liaise with

Education

最終学歴のみ記載します。何を学んだかも重要になるので学士号の名称も書きます。

学位例

  • 文学士    → B.A.(Bachelor of Arts)
  • 経営学士→ B.B.A(Bachelor of business Administration)
  • 法学士    → B.L.(Bachelor of Law)
  • 工学士    → B.E(Bachelor of Engineering)
  • 経済学士→ B.Ec.(Bachelor of Economics)
  • 理学士    → B.S.(Bachelor of Science)

大卒の場合

卒業年月とともに学位、大学名、所在地を書きます。大卒であれば、高校以下の学歴は記載しません。

例:Mar. 2020: B.A. ABC University, Tokyo, Japan

高卒の場合

高卒の場合は卒業年月の後に高校名を記載しましょう。最終学歴のみ記載します。

例:Mar 2020: ABC High School, Tokyo, Japan

卒業見込みの場合

卒業見込みの場合は卒業見込みの年月を書きます。(下記例は文学士 B.A.(Bachelor of Arts))

B.A. expected in Mar. 2020

卒業が未定の場合

卒業が未定の場合は、下記のように書けます。(下記例は文学士 B.A.(Bachelor of Arts))

Studying for B.A. at ABC University

まとめ

いかがだったでしょうか。英文履歴書の書き方に自信が持てそうですか。
もし、自分で書いてみたけれど自信がない時は、ネイティブのビジネス経験のある方に一度チェックしてもらうことも大事です。
ネイティブスピーカーの知り合いがいないなら、オンライン英会話で無料体験しその授業で取り上げてもらうようにすると良いでしょう。

オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)
ビジネス経験のある講師を求めるなら

今度こそ本当に身につく英語力を3ヶ月で【産経オンライン英会話】
日本人のコンサルタントと共にしっかりと学びたいなら

24時間オンライン英会話スクール EFイングリッシュライブ
ネイティブスピーカーがどうしても良いなら

上記の3つはビジネス英語に長けたオンライン英会話でおススメできます。
私も3つ目の受講をしていましたが、グループレッスンと個人レッスンが併用され大変満足していました。

英文履歴書ができたよ~!って方はコメント欄もしくはTwitter、Instagramで教えてくださいね。
待ってます。きんかじゅうでした。

固定ページ: 1 2

投稿者:

Kinkajuu

社会人X年目 19XX年生誕うお座 A型 Twitter @Kinkajuu1 :英語 臆せずネイティブと話せる :情報収集力 何か調べる時はググり倒すかつ疑い深い。司書資格があり、調べ物は得意 :ITと簿記は学習中レベルですので、レベルアップしていきたいです。 :資産管理に関しては完全に独学です。しかし、良い情報を得ることが得意ですので、あいまいな内容は載せません。 勝手にメンターと呼んでいる方々は下記 ☆編集中☆ ヒトデブログ ヒトデさん ☆編集中☆ 200X年以前 普通に健全に育つ 2005年頃  盛大にずっこける 2006年~2014年9月 暗黒時代 2014年10月 私立Y学園大学通信教育部に入学 2015年10月 私立N大学通信教育部に編入 2017年8月 NZへ単身語学留学 2019年1月 日本に帰国 事務系社会人として再スタート 2020年12月 ブログ「きんかじゅうの作り方」スタート 初めてのブログですので、使いづらい点や見づらい点あると思います。もしございましたらコメント欄にてお意見頂けましたら最大限改善いたします。 お読みいただきありがとうございます :)

すべての投稿を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA