【中級者以上のための英文法解説】初歩の初歩?現在形を考える1

【中級者以上のための英文法解説】初歩の初歩?現在形を考える1

この記事でわかること:英語を使う際に、現在形の英文法上の注意点が判る。
中級者~上級者の英語学習者向け
英文法・現在形を2つの記事でお届けする内の1つ目です。

(この記事ではケンブリッジ大学出版の「Advanced Grammar in Use」の内容を基にお届けします)

(2021/02/05 更新)

  • 現在形とは
  • 1-1. 状態動詞
  • 1-2. 精神的な状態動詞
  • 2. 行動発信を言い表す動詞

皆さん、こんにちは。きんかじゅうです。

英語を使う時に『時制』を考えて使うことは重要ですね。
時制が合っていないと、内容が合っていたとしても正しく伝わりません。
文法的に正しく話せないと誤解を招いたり、話している相手に「この人は英語が話せない」と思われてしまうこともあります。

ビジネスシーンでは、時制を正しく話せることは最低限の英語レベルです。
ビジネス英語を話したいと思っていても、時制が正しく使えないだけで「この人とは話が通じないから話してもムダ」と思われたりします。
話ができていても、時制が正しく使えていない場合は「この人は知的レベルが低い、一般教養がない」とまで感じられるとネイティブスピーカーは考えているようです。

現在形は英文法上で核となる、最初に学ぶ時制です。
時制が正しく使えているか、一緒に確認してみませんか?

*この記事は英語学習において中級者以上の読者に宛てて書いています

 現在形とは

ご存知かと思いますが、現在形とは「今」を表す時制です。
また、「いつもすること」「状態」なども同じく現在形で表現されます。

E.g., I am a sales person./ You work for a company./ He goes for a walk every day.

いくつかの動詞の中には、現在進行形で使うような場面でも、現在形にしなければならないルールのものもあります。

それが、「状態動詞」「行動発信を言い表す動詞」のパターンです。

1-1. 状態動詞

状態動詞、英語ですと”state verbs”と言います。

この状態動詞は、英単語の中でも『主語の状態を表す動詞』で、『状態動詞は進行形にはならない』と言うルールです。

例えば、”I like watching YouTube videos” とは言いますが、”I’m liking watching YouTube videos”とは言わないのです。

状態動詞には下記のような英単語があります。

E.g., attract, like, look, love, sound, believe, consist of, doubt, own etc…

ただ、ややこしいですが、状態動詞の中でも進行形を使えるものもあります。
それは下記のような動詞です。

E.g., appear, cost, expect, feel, fit, have, imagine, measure, think, weigh etc…

1-2. 精神的な状態動詞

状態動詞の中でも、精神的な部分に特化している英単語の動詞があります。
英語ですと、”mental state verbs”と呼ばれます。

これら精神的な状態動詞の中では、下記が進行形としても使用できる動詞です。
これら精神的な状態動詞は、基本的には現在形や過去形で使います。
進行形になりにくい精神的な状態動詞は多くあり、それは下記のような例が挙げられます。

E.g., agree, believe, conclude, know, prefer, etc…

しかし、下記は現在進行形過去進行形でも許容できる動詞です。

E.g., find, realize, regret, think understand, consider, etc…

2. 行動発信を言い表す動詞

下記のような、行動を発信することを言い表している動詞を”performatives” と英語で言います。
これらは主語の行動を言い表し、現在形や過去形で使われます

“performatives” はwouldmustなどの『法助動詞』と共に使われることも多いです。

E.g., suggest, request, acknowledge, admit, advise, apologize, beg, confess, congratulate, declare, deny, forbid, guarantee, name, order, permit, predict, promise, fuse, remind, thank, warn, etc…

さらに、下記の”performatives” は否定形で現在進行形や過去進行形を使えます

E.g., suggest, apologize, deny, promise, etc…

いかがでしたでしょうか。
実は私も、この記事を書き始めるまで「現在形なんて、初歩の初歩でしょ」と高をくくっていたのですが、調べてみると現在形も奥が深い

状態動詞は知っていましたが、意外と進行形で使いがちだったりします。気をつけなければと改めて思いました。

これからも英語の文法の解説情報など、色々なトピックを上げていきたいと思います。
以上、きんかじゅうでした。

洋書(ORIGINAL) / Advanced Grammar in Use with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Advanced Learners of English / Martin Hewings価格:3,750円
(2021/2/5 11:11時点)
感想(1件)
投稿者:

Kinkajuu

社会人X年目 19XX年生誕うお座 A型 Twitter @Kinkajuu1 :英語 臆せずネイティブと話せる :情報収集力 何か調べる時はググり倒すかつ疑い深い。司書資格があり、調べ物は得意 :ITと簿記は学習中レベルですので、レベルアップしていきたいです。 :資産管理に関しては完全に独学です。しかし、良い情報を得ることが得意ですので、あいまいな内容は載せません。 勝手にメンターと呼んでいる方々は下記 ☆編集中☆ ヒトデブログ ヒトデさん ☆編集中☆ 200X年以前 普通に健全に育つ 2005年頃  盛大にずっこける 2006年~2014年9月 暗黒時代 2014年10月 私立Y学園大学通信教育部に入学 2015年10月 私立N大学通信教育部に編入 2017年8月 NZへ単身語学留学 2019年1月 日本に帰国 事務系社会人として再スタート 2020年12月 ブログ「きんかじゅうの作り方」スタート 初めてのブログですので、使いづらい点や見づらい点あると思います。もしございましたらコメント欄にてお意見頂けましたら最大限改善いたします。 お読みいただきありがとうございます :)

すべての投稿を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA